コンセプト

【静寂の中に感じる沖縄の原自然。地に溶け込んだ空間と風の世界 ~建築家中村拓志の世界~】

青と碧と白と沖縄の設計は、建築家中村拓志氏。2階建ての建物は、その真栄田の自然、景観を汚さぬようにと「どっしり」と地に踏んばるように設計され、敢えて建物全体の高さを低く抑えました。1階4室の客室のほか、滞在者が一堂に集うことができるリビングルーム「水納(みんな)」や、キッチンではスタッフと談笑しながらワインをゆっくりと楽しんだり、湯処・浴場や個室シャワー室、そしてなにより建物の中央に位置する「SUIBAN(水盤)」は、沖縄の自然の射し込む光と風が注ぎ込むエリアで、思わず静かに瞑想したくなるような不思議な空間。賑やかなリゾートではなくて、静寂が心地良い空間。だから青と碧と白と沖縄では、静かに原自然を楽しんで頂きたいため、「全館禁煙」で「他の方への音の配慮」も考慮ください。お子様のご来館ももちろん大歓迎ですが、「他の方へのご配慮」も十分にお願い致します。子どもだから、の言い訳は、通用しません。
沖縄の原自然の静寂とともに、日頃のあなたのストレスを低減させて、QOH(Quality Of Happiness)を体感していただくための、メンタル&ソーシャルバランスホテル。
それが青と碧と白と沖縄です。
Hope&Wishバケーションハウス 青と碧と白と沖縄(あおとあおとしろとおきなわ)

【「Happiness Resides Here(いま、ここ、にある幸せ)」~公益法人が経営するホテル~】

青と碧と白と沖縄は、公益法人が経営、運営するホテルです。日本でも、なかなか他にはありません。公益法人だからこそ、広く多くの方々の「ため」に、活用されることが第一義です。そのため、青と碧と白と沖縄をご利用いただくあなたに、多くの「体験」を提供することがなによりと、私たちは考えました。
それは「理論や理屈」ではなく「体験、体感」こそ、あなたにに多くの気づきを与え、あなたの人生をより魅力的なものにしていただけると思っております。
「Happiness Resides Here(いま、ここ、にある幸せ)」がテーマである「体感」には、「非日常」が大切です。「非日常」体験があってこそ、「日常」の何気ないことに「歓び」を感じたり、夢や希望、Happinessに気づくことができたりするものです。「非日常」ゆえ、日常と比較すると「不便、違和感」を感じるかもしれません。何もかもではなくて、テレビや時計、豪華なダイニングは無いなど、敢えて「必要最小限(ミニマム)」かもしれません。原自然に私たちより先に住んでいる「虫たち」もいるかもしれません。しかし、それこそが「非日常」の時間や場であり、体験となって、あなたの「気づき=Happiness」へとなっていきます。
Hope&Wishバケーションハウス 青と碧と白と沖縄(あおとあおとしろとおきなわ)

【他にはないHappinessプログラムがある 
~元ディズニー出身のオーナーが込めた想い~】

例えば、朝の6時30分からスタートする「朝活」Happinessプログラムは、あなたの身体も心もリフレッシュして、「いま」に改めて自信と勇気、そして爽快&達成感に包まれるプログラムです。青と碧と白と沖縄から歩いて5分の静かで真っ白なプライベートビーチで行います。
また、夜の21時からは、入場制限有りのHappinessプログラム。沖縄では古来より「禁制」神事がよくありました。青と碧と白と沖縄のプログラムでは「子ども禁制」で、大人のみ、しかも「パジャマ着用」でリラックスしながらのプログラムです。「コーラス・ライン」と称されるこのプログラムでは、元ディズニーで長年にわたって人材教育を行ってきたオーナーが開発したプログラムで、「本当のあなたに還る」体験を。その他「いのちの授業」など他にはないHappinessプログラムがあり、企業さまや団体さまへはホールの貸切利用や、長期滞在をご希望の方への長期滞在割引等も準備しております。
Hope&Wishバケーションハウス 青と碧と白と沖縄(あおとあおとしろとおきなわ)

Hope&Wishバケーションハウス 青と碧と白と沖縄(あおとあおとしろとおきなわ)

【“敢えて”フルサービスは行いません…来館されるあなたへお願い】

ラグジュアリーなホテルは、他にも沖縄にはたくさんありますので、青と碧と白と沖縄は、それとは別路線です。そのため、“敢えて”フルサービスは行いません。食事もベジタリアンやマクロビオティック、アレルギー100%対応ではなく、決して完璧!と言える食事でもありません。量的にもすべての方に決して十分とは言えないと思うので、たくさん食べられる方は、お腹が他より満たないかもしれません。そのため、それぞれの方々のご要望にお応えできない部分もありますので、お食事やお飲み物の持ち込みもOKです。自由にお使い頂ける冷凍冷蔵庫や電子レンジを準備しております。
また、2階の屋外エリア「MICHIKA」も多くの方々にご利用いただきたいと思っておりますが、2階へはエレベーターやスロープなどは、敢えて設置しませんでした。脚の御不自由の方がいらっしゃれば、是非、私どもスタッフや周囲の他の皆さまにお手伝いいただき、「出逢いの場」としたいと考えています。ウォルト・ディズニー氏はこのような場のことを「Magical Chance(魔法のような素敵な出逢い)」と名付けました。
つまり、すべて“パーフェクト!完璧!100%!”では、ありません。すべて、ではなくて、“大切なところ”をとても大切にしました。私たち、「ひと」も“完璧!”でないように、青と碧と白と沖縄も、その“個性”を大切にしていきたいと考えています。
Hope&Wishバケーションハウス 青と碧と白と沖縄(あおとあおとしろとおきなわ)